青汁の材料その2 「大麦若葉」効果と特徴

さて今回は、青汁の材料として今一番普及しているといっても過言ではない「大麦若葉」についてお話していきます。

前回の記事では青汁の材料の代表格と言える「ケール」をご紹介しましたが、最近はそのケールに負けず劣らず・・・いやもう大麦若葉を使った商品の方が多いかな?そのくらい主流となってきています。

人気の理由は簡単、ケールより飲みやすくて栄養価も高いから。

そのあたりは後述しますが、まずは「大麦若葉とは?」というところからお話しておきますね。

大麦若葉というのは、その呼び名のまま、大麦の若葉ですw

大麦というのは夏過ぎから種をまき、翌年の梅雨時に実をつけます。

ただ栄養価が最高になるのは、実は10月中旬から11月にかけて。
厳しい冬に備えて葉の中に栄養分をため込むんですね。

なのでちょうどそのころ、草丈が20~30㎝くらいになった頃に収穫すると青汁にするのに最もよい栄養バランスになっているというわけです。
想像以上に「若葉」ですよね!w

それから大麦はイネ科の植物ですが、イネ科の植物というのは世界中ほぼどこでも作ることができて幅広く利用されてきたというのもここまで普及した大きな理由だと思います。

ではそんな大麦若葉の特徴を見てみましょう。

 

大麦若葉の特徴

前回、ケールはほかの野菜と比べて飛びぬけて栄養価が高いという話をしたんですが、実は大麦若葉も負けていないんです!

特にタンパク質、カルシウム、ビタミンAはケールよりはるかに多く含まれています。
おいおい葉っぱでタンパク質がこんなに摂れるのかよ・・・ってホント驚いちゃいましたよw

大麦若葉は三大栄養素(たんぱく質・糖質・脂質のこと)のほかに、カロチン、カルシウム、鉄などのビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

それから大麦若葉は「有害な物質を含んでいない」「有害物質に対しても大変強い」というのも大切な要素。

そしてイネ科の植物には、活性酸素を分解するSOD(スーパーオキシドディスミュターゼ。抗酸化酵素です)も大量に含まれてるんですって!

そう、実は大麦若葉の青汁は野菜の栄養素が摂れるというだけではなく、活性酸素除去や免疫力強化作用もあるようなんですよ!

それからこれも大切なことですが、ケールに比べてかなり飲みやすいということ。

今私も大麦若葉が主原料の青汁を愛飲していますが、青臭さというものはほとんどなく、ほぼ「抹茶」です。

なので水だけで溶かして飲んでも割とスルスル飲めるし、牛乳で割るとメチャクチャ美味しいですw

最近はそこに市販の飲むヨーグルトやフルーツスムージー、グリーンスムージーなどをちょっと足したりしていろいろ味わいを変えて楽しく飲んでいます

なのでケールの青汁は続けられるか不安・・・という方は大麦若葉メインのものから入るといいと思いますよ

 

大麦若葉の効果・効能

前述したとおり、大麦若葉には抗酸化酵素が含まれていて強力な活性酸素除去作用があります。

それはどういうことかというと、ガンや老化、心臓病などの幅広い成人病・生活習慣病を予防・改善してくれるということです!凄いですよね!

それだけではなく大麦若葉に含まれている多くの有効成分が、体の免疫力と抗ガン作用などを活性化してくれるそうです。

なので大麦若葉の青汁を続けていくと体質の改善が進行すると同時に免疫力が高まったり活性酸素を除去してくれたりするので、ガンをはじめとする生活習慣病などを予防してくれるというわけです。青汁凄すぎますね・・・

野菜不足だから青汁を飲んでるけど特にこれといった効果が感じられない・・・という方も多いかもしれませんが、何かが劇的に変わる!という性質のものではなくて、様々な成人病から私たちの体を守ってくれている、と考えるのが正解かと。

病気になりたくないから青汁で予防しよう、という使い方が正しいことはおわかりいただけたかと思いますが、ここに大麦若葉の効果について、実際どんな働きがあるかずらっと並べておきますねw

 

・ガンの予防

・肝臓病・腎臓病の予防

・高血圧の予防

・動脈硬化・脳卒中・脳梗塞・血栓症の予防・血管の強化作用

・胃潰瘍の予防・整腸作用

・骨粗しょう症の予防

・更年期障害の予防

・便秘の改善・宿便の排泄作用

・貧血の予防

・脱毛・白髪の予防

・アレルギーの克服・アトピー性皮膚炎の予防

・胆石症・胆のう炎の予防

・美肌作用・肥満の予防

・老化の予防

・スタミナの増強作用

・ダイオキシンから身を守る

・環境ホルモンから身を守る

・活性酸素の除去作用

・免疫力強化作用   他・・・

 

個人的にはスタミナの増強や美肌作用・肥満の予防、老化の予防あたりが嬉しいですね~w

青汁、あらためて頑張って続けていこうと思いました!!笑

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする